焼酎【八色 やいろ】高知の美味しい酒を飲み比べてみた

焼酎泥亀を54万本売った男が高知県産翠王を使った芋焼酎をプロデュース

それでもまだ有名なだけの焼酎を選びますか?

あなたのいつもの焼酎は大丈夫ですか?

 

僕は8年間、プロデュースのお仕事を

させていただいていますが、

 

モノを売るのは本当に難しいと実感しています。

 

 

良いものを作れば売れるなんて幻想だし

 

良くないものでも

マーケティングに成功すれば

売れてしまう。

 

 

とくに焼酎業界では、

 

「この芋焼酎限定で数が造れません」

 

と言いながら

冷凍の芋を使っていたり、

 

 

焼酎が売れ始めると、

数を売って利益を出したいがために

アルコール分を足して、かさ増しする蔵も多いです。

(味が変わるのですぐわかります)

 

 

売れれば、何をしてもいいのか?

 

 

まぜものなんかしたら

飲む人の体に悪いに決まってるやん。

 

 

消費者をだましてまで

利益に走るこの業界を

僕はどうしても

見て見ぬふりをすることができません。

 

 

でも、

 

小さな蔵元の中には

 

今でも真面目に美味しくて純粋な

こだわりの焼酎を造っているところが

たくさんあります。

 

 

だから、

 

どうせ飲むなら

 

 

そんな小さな蔵が

真面目に造った

純粋な焼酎を飲みませんか?

 

 

 

 

本物の焼酎は

 

本当に美味しいですよ♪

 

 

 

^-^

 

 

 

 

 

 

 f:id:yairo816:20190813170327j:plain